SANKEN

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • トピックス
  • ホーム
  • English

技術情報

クリーンテクノロジー

コストや省エネなどのニーズに対応する空気清浄化システム

概要

コンタミネーションコントロール(汚染制御)は現代の先端産業を支えるキーテクノロジーのひとつです。昭和50年代ごろに生まれた清浄空間という概念は、病院や製薬会社・食品会社などのバイオ関連業種、あるいは精密機械・半導体製造業といった先端産業を中心に、社会に不可欠な存在となりました。三建設備工業は、空調設備のスペシャリストとして当初から開発・施工に関わり、その技術の発展に貢献してきました。
これまでは「いかに空気清浄度のクラスを上げるか」といった視点に注意が集まりがちだったクリーンルームですが、最近では、これまでとは異なる課題も並行して議論されています。微細加工技術の進歩により汚染対象が粒子状物質から分子状物質となり、ナノテクノロジーに対応できる超高清浄空間が求められる一方、地球温暖化防止のための省エネルギー対策の強化も必要不可欠な要素です。三建設設備工業では、コストの効率化も含め、より現実的なクリーンルーム運営のための研究と提案をいち早く行ってきました。その成果は、小規模施設の導入現場などにも活かされています。

ページトップへ