空気と水の環境創造企業 三建設備工業

ホーム > 分析 / 調整技術 > 試運転調整

分析 / 調整技術

OUR TECHNOLOGY

試運転調整

目に見えないロスを事前につきとめ省エネと快適を実現

建物の空調設備システムは、様々な機器・器具を配管やダクトで接続することにより構成されています。さらにこれらを連携して動かすために数多くのセンサーや制御機器が設置されています。
全体が一つのシステムとしてきちんと機能するためには、すべての接続が完了した後に、各所を流れる水量・風量や供給温度を所定の状態に合わせていく必要があります。ここにシステム調整の必要性があるのです。
三建設備工業では、自社の専門スタッフがシステム調整に携わっています。空調機器や制御機器を動かす自動制御に精通したスタッフが、建物全体の設備システムを把握した上で、求められる室内環境を維持できるようにシステムを調整しています。
設計・施工からシステム調整・アフターサービスに至るまでの技術をすべて自社内に保有するという責任姿勢が、三建設備工業のこだわりであり、スタイルなのです。

快適性を保ちつつ、省エネ性を確保するために

建物には、さまざまな設備システムが存在しますが、いずれのシステムも最終的には要求される室内環境の維持が求められています。室内環境維持は、水量・風量を所定の状態に合わせることで確保されますが、単に数値を合わせるだけでは、システムとしての非協調動作、あるいはオーバースペックによる非効率な運用など、様々な「トラブルと言えないトラブル」が起こっていることも少なくありません。このような見えないトラブルは、機器の過剰運転やムダなエネルギー消費として、最終的にお客様の負担として現れてきます。三建設備工業は、妥協しないシステム調整サービスを強く推進し、初期の不具合やエネルギーロスによる将来的なコスト増を排除し、室内環境維持と省エネ性の両立に努めています。

「コミッショニング」の概念に基づく徹底検証姿勢

パリ協定の批准、新築建物に対する省エネ基準適合の義務化など、地球温暖化対策に対する要求はますます加速しています。必要な室内環境を、いかに小さい環境負荷で実現するかということが、社会的にも求められています。
長くシステム調整を手がけてきた三建設備工業では、早期にコミッショニング(性能検証)の概念を取り入れ、他に例を見ないほどの経験と実績を自社内に保有し、環境負荷低減に努めています。様々な省エネルギー手法を単体で構築するのではなく、納入された設備システム全体が最適なパフォーマンスを発揮できるように、入念なシステム調整を行っています。