空気と水の環境創造企業 三建設備工業

ホーム > 放射空調(ふく射空調) > 放射空調の原理と特徴

放射空調(ふく射空調)

OUR TECHNOLOGY

放射空調の原理と特徴

放射空調の原理

温度を持つ物体からは全て、その温度に応じた遠赤外線が出ています。「放射」とは、熱の移動方法の一種で、温度の高い方から低い方へ、熱が遠赤外線で移動する現象のことをいいます。
放射空調では、この放射の原理を利用して、人体(高温)から天井・壁・床(低温)へ熱が移動することにより温冷感を感じます。
たとえば、夏にトンネルに入ると身体がひんやりして涼しく感じられます。トンネル内と外の空気温度がほとんど変わらないにも関らず、このような温冷感を感じるのは、人体の熱が冷えたトンネル内の壁面に、「放射」によって移動しているためです。

放射空調の特徴

空気を冷やしたり暖めたりして吹き出す従来空調に対し、放射空調では天井面や床面、壁面等の温度をコントロールすることで、居住者の身体が発する熱を吸収したり、熱放射を抑えたりして温冷感を感じます。
そのため、従来の空調に比べて気流感がなく、吹出し音も静かです。また、送風による冷温風の空気対流がないため、場所によっての寒すぎ、暑すぎのムラが起こりにくくなります。
この図は、従来空調と、放射空調の室内温度分布の断面図です。
従来空調は、空調の吹出口の真下の温度が低かったり高かったりする上、足元は冷暖房ともに低くなっています。
一方、放射空調では室内全体が温度ムラなく、冷えたり温まったりしていることが分かります。