空気と水の環境創造企業 三建設備工業

ホーム > 放射空調(ふく射空調) > 放射空調の最適な用途と適さない用途

放射空調(ふく射空調)

OUR TECHNOLOGY

放射空調の最適な用途と適さない用途

放射空調には、その特徴から、適切な用途と適さない用途があり、導入する際には注意が必要です。
放射空調は、風を感じない、吹出し音が静かで穏やかな空調です。しかし、部屋の用途によっては、風による空調の方が適している場合もあります。たとえば、スポーツジムなどは、汗をかくため、汗の蒸発を促すよう気流のある空調が適しています。
また、夏期には、放射パネルに結露を起こさせないために、湿度管理も重要になります。窓を開けた状態で使用する部屋や、多くの人々が出入りする部屋には適していません。
放射空調に適しているのは、居住者の運動量が少なく、静かな空間が求められる用途です。
加えて、窓の開閉の管理ができるような用途に適しています。

※放射空調方式の種類により、静粛性や省エネ性は異なります。