空気と水の環境創造企業 三建設備工業

ZEB (ゼロ・エネルギー・ビル) 再生可能エネルギーの利用

OUR TECHNOLOGY

太陽エネルギー利用

太陽エネルギーは、古くから身近で馴染みのある再生可能エネルギーです。
枯渇性の化石燃料等に代わるものとして大いに期待を寄せられています。
そのエネルギーを利用する方法として、熱的に利用する方法と、電気に直接変換して利用する方法があります。

太陽熱利用システム

太陽熱利用システムは、太陽エネルギーを熱に変換して空調や給湯等に利用するシステムで、エネルギー変換効率が高いことが特徴です。一般的に太陽熱を集める集熱器と太陽熱を蓄える蓄熱部で構成されており、集熱器と蓄熱部がそれぞれ分離した強制循環型のソーラーシステムと、集熱器と蓄熱部が一体となった自然循環型の太陽熱温水器に分けられます。利用用途としては、集熱した温水を冬期の暖房や給湯に利用する他、夏期はナチュラルチラーやデシカント空調などの冷房にも利用できます。しかし、太陽熱利用システムは気象条件により、安定した集熱が見込めないことから、バックアップ機器との連動や蓄熱方法など、その利用用途により最適なシステム・制御を組み込む必要があります。
つくばみらい技術センターでは太陽熱の多面的かつ最大限の活用を図るため、放射空調システムや床暖房システムなど利用温度の異なる系統に他の熱源機器と連動させ、熱供給するソーラーシステムを構築しています。

太陽光発電

太陽光発電システムは、自然エネルギーでクリーンな電力を創出し、地球温暖化などの原因とされるCO2の削減に貢献します。太陽光発電を実施することで、化石燃料(石油、石炭、ウランなど)のエネルギー資源を節約します。また、CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)を具体的な形で実践でき、クリーンエネルギーや節電への取り組みを目に見える形で実施(見える化技術)することで、企業のイメージアップに活かせます。空調設備に対する効果として、屋根全面を覆うように太陽光発電を設置すると、直射日光を遮り屋根負荷低減効果を図ることができるため、空調機器容量の削減が可能です。加えて、運用後には電力需要のピークカットができるため、基本契約料金が低減できます。