Corporate Information 社長メッセージ

空気と水の環境創造企業として、私ども三建設備工業は1946年の創業以来、信頼性の高い先進の技術でお客様と社会が求める環境づくりをご提案し、実現してまいりました。新型コロナウイルスの感染拡大によって、パンデミックへの危機対応が人類共通の課題として認識され、人々が活動するために、より安全、快適で健康的な空間の要求はますます高次元かつ多様化しております。さらに、産業、医療分野では品質維持や感染防止など、高度に制御された環境を極限まで追及することが求められており、技術への要求も日々高度化しております。

しかし、環境づくりのためにいくらでもエネルギーや資源を使えるわけではありません。21世紀の現代では、地球環境の保護により持続可能な文明を創造することは、2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)にもあるように全人類が早急に取り組まなければならない課題です。当社の手がける環境づくりにおいても、温暖化ガス排出を抑制する脱炭素化社会の実現や、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の普及に貢献するのみならず、脱フロン、省資源、廃棄物抑制・リサイクル処理など、ますます複雑化する要求にお応えしてまいります。そして、数十年にもわたる設備のライフサイクルに対応した技術とサービスを提供する企業として、日々邁進しております。

私ども三建設備工業は、社会とのさまざまな協力関係の構築とともに、コンプライアンスをはじめとする会社のしくみのレベルアップを図り、それをもとに行動する「人」の意識を高める努力を続けてまいります。自動化が進みAI(人工知能)が発達しても、環境をつくり上げ、その維持にたずさわるのは人であり、風通しの良い人間味豊かな組織風土の中で、意欲に溢れ、かつ日常においても心豊かに生活している人こそ、お客様に継続して安心と信頼をいただける環境やサービスを提供することができると考えるからです。

私ども三建設備工業は、企画段階から設計、施工、メンテナンス、そしてリニューアルに至るまで総合的な環境づくりのプロフェッショナル集団として、これからもお客様に、社会に、地球環境の保護に貢献してまいります。そして、これからも空気と水の環境創造企業として脱炭素社会づくりのリーディングカンパニーを目指し、創業以来75年の歴史を通して築いてきた経営基盤をさらに一歩一歩しっかり固め、100年に向けて歩んでまいります。

代表取締役社長
松井 栄一